審査基準が緩い教育ローンとして消費者金融から借りるならば・・・

消費者金融で教育資金を借りるのはアリか?バカか?

教育ローンは日本の家庭ならば今や切っても切れない関係では無いかと思われます。

 

 

お子様をお持ちの方にとってはある意味、教育ローンは消費者金融よりも身近な存在かもしれません。

 

 

 

なぜなら、受験費用にまとまったお金がかかるからです。

 

一部の底辺層の家庭を除き、ほとんどの家庭においては中学、高校、大学などの進学で良い学校に行かせたいと思っている所が多いのです。

 

 

 

少児化といっても親の子どもに対する教育熱心さは昔よりも強いような気がします。

 

現に、子供が減っている今の日本ですが、塾や予備校、家庭教師等への需要は衰える事はありません。

 

 

 

あなたの近所にも駅前にも、街にも至る所に塾や予備校があります。

 

子供が減っている時代なのに塾や予備校、家庭教師のサービスは昔よりも増えているような気がしてなりません。

 

 

当然ですが受験にはお金がかかります。

 

進学や学費だけでなく、その準備段階の塾や予備校の費用もバカになりません。

 

 

旦那さんだけの給料は勿論、共働きの給料だけでは子供達の教育費を賄いきれない事もあるでしょう。

 

そんな時に役立つのが教育ローンです。

 

 

教育ローンといえば「日本政策金融公庫」という国の教育ローンがあります。

 

かなり低金利で借りれて審査もそれほど難しくありません。

 

 

また、民間にも銀行などが提供している教育ローンがあります。

 

銀行の教育ローンも低金利でお得です(審査は少し厳しくなりますが・・・)

 

 

大抵の方は国の日本政策金融公庫か銀行の教育ローンで間に合うかと思います。

 

 

しかし、中には国の教育ローンや銀行の教育ローンでは審査が通らない人もいるでしょう。

 

 

受験というものは、教育ローンの審査が通らないからといって諦める性質のものではありません。

 

やはり出来れば別の所から受験費用の資金を調達したいと思うのが人情です。

 

 

そこで、消費者金融などのフリーローンの登場です。

 

消費者金融は元々、数あるローンの中では審査が甘い部類です。

 

 

だから国の教育ローンや銀行の教育ローンの審査が通らなかった人でも消費者金融からは借りれる可能性はあります。

 

金利は高くなりますが、それで教育資金が調達できれば安いものだ・・・と思う人もいるでしょう。

 

 

どうしても子供の為に教育資金を調達するならば、消費者金融から借りることも決してバカではないと思います。

 

親心を考えれば、消費者金融から借りて教育資金を賄うのもアリでしょう。

 

 

 

一般の教育ローンに比べて消費者金融は金利は確かに高くなりますが、昔の消費者金融に比べれば今はかなり金利も安くなりました。

 

どうしても子供の為に!!・・・・と考えている方ならば、消費者金融も教育ローンの代用として検討する余地は十分あるかと思います。

関連ページ

審査の緩いマイカーローンは消費者金融で
車を買いたい! そんな時はマイカーローンよりも審査の甘い消費者金融で